トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

唐突に違和感を持ちはじめた(似合わなくなった)服を片づける。


スポンサーリンク
昨年の終わり頃から、急に着ていることに違和感を覚えるようになった服があります。

  

それは、ごく普通のフード付きパーカーです。子供から大人までわりと多くの人が1枚くらいは持っているかもしれない、カジュアルで便利なパーカー。
 
 

◆似合わなくなった洋服で、日々の変化を知る。

 
いつの頃からかこのパーカーが好きになり、結構何枚も持っていました。家にいるとき、近所への買い物、休日に出かける時など、ラフでOKな場面ならかなり活躍してくれるアイテムのひとつ。パーカーは、シニア世代の方も着ているのを見かけたりして、それなりに長く着られるもののひとつだとなんとなく思っているところがありました。
 
 
 
一昨年片づけ祭りをした時に、洋服は随分処分して(着古したいくつものパーカーも)、そのあとも事あるごとに衣類を見直して手放してきました。
 
 
今持っているパーカーは4つ(厚手2・中間1・薄手1)にまで減りました。家用と近所用というのが主な用途ですが、手持ちのものに関して言えば、素材や生地の厚さによって、真夏以外は比較的通年で利用できるのも魅力のひとつです。 
 

f:id:tabi8:20170306162832j:plain

 
今後も買い替えつつ、それなりに長くお世話になるのだろうと思っていたパーカーですが。
昨年の終わり頃、なんだか急にフード付きパーカーを着ていることに違和感を持ったのです。あまりに着慣れすぎていて、気づくのが遅かったのでしょうか、、。鏡を見ても、とにかく似合わないというかちぐはぐというか、なんとも痛い気持ちに。。
 
 
これだけ違和感があるのだから、さすがに手放そうと思えました。
とは言いつつ、実際にパーカーを手放すのは春先になってからの予定です。
 
 
理由は、パーカーのうち2つは厚手でとても温かいのですぐにはやめられず、、。外にはもう着ていかないけれど、家用としてこの冬でしっかり着尽くしてからにしようということに。(他の2点のパーカーもその時まとめて処分する予定)
 
 

◆洋服迷子も楽しんでみる。

 
洋服に関してはそれほどのめり込むこともなく。それなりに自分に合った定番ものをメインに、好きな素材で清潔に気持ちよく着られれば大きな不満もないほうです。それでも、あまりに定番が多すぎたせいか、年齢とともに変化していく自分の好みや流行りなどをうまく合わせられず。何が似合うのか何を着たら落ち着いたり今の気分にフィットするのか、漠然としたり、わからなくなることもしばしば。
 
 
若干、洋服迷子になりつつありますが、変にネガティブに捉えず、こういう部分も思考や感情の片づけや整理が大切。
 
 
迷子を楽しみつつ、ひとつひとつ今の自分の望むスタイルや好みを改めて探りながら、心地よいと思える洋服を見つけていこうかと。
 
 
 
・・・・・・・・
 
(これまであたりまえに好きだと思っていた洋服も、ふとした時に合わないことに気づいたり。その他の好きなアイテムに関しても、時々は客観的に見直すことで意識的に自身の変化に気づこうとする、そんな視点も大事かもしれませんね)
 
 
衣類に関しては、春先に暖かくなったらパーカーを手放す、新しく好みの服を見つける。最近はそんなことを考え中です。