トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

MNPで楽天モバイルに転入してみた。(初めての格安SIM、その使い心地を一年間試してみる)


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20160329124736j:plain

大手携帯会社から「楽天モバイル」に切り替えてみてたので、その経緯や現状などを書き留めてみようと思います。

 

格安スマホと呼ばれるものが徐々に普及してきても、一度何かの契約をすると面倒になってほとんど内容を見直さないという個人的な長年の悪癖の名残で、携帯電話も大手3大キャリアと言われる会社(docomo, au, softbank)をずっと利用してきました。大きなメリットもそれほど感じない代わりに、ものすごく困ることも支障もなかったため、なんとなく同じところを使い続けていた状態です。

 

そんな私も、昨年の「片づけ祭り」を通して、物理的なモノ以外の片づけ(精神的な部分の整理、PC内の整理、不要な銀行口座を減らす、様々な契約内容を見直す、など)にも気持ちが回るようになり、何かを始めたり考える時にも(本当に必要か否か、もっとコンパクトに片づく方法はないか)というような思考回路が遅ればせながら少しづつできてきました。

・第2回、片づけ祭り♪ スタート : 前回より時間をかけさらにコンパクトに。

 

・・・・・・・・

◆乗り換えの経緯・理由

パソコンはないと支障があるけれど、携帯電話(スマホ)に関しては依存度が低めなので、最小限連絡機能があり普通にネット検索できて電子書籍が読めれば、他の便利機能はあってもなくてもよいというかんじでした。そんな私がなぜ長年使っていた大手携帯会社から乗り換えてみようという気になったのかというと、こんなことが挙げられます。

 

《乗り換えを検討し始めた経緯》

・使用していた機種が古くなりバッテリーの持ちも悪くなってきていたので、機種変更を考えていた。

 

・ついでにプランを見直そうと思ったが、それもかなり限定されている印象。自分の使い方に合ったもう少し手頃なプランがすぐに登場する気配もなさそう。

 

・プラン見直しにあたって問合せをした時に、更新月以外に解約すると違約金が発生することを知る。

(長年同じところを使っていて、これまで何度も機種変更もしていて、特にお知らせが来るわけでもないので、2年縛りを経過すればいつでも解約できると勝手に思い込んでおり、「更新月」という概念がなかった・・)

 

・その流れで、格安スマホ格安SIMといったものに興味を持ち始め、各社色々調べたり比較したりするようになる。

 

・携帯電話に関しても、片づけ・見直しを計り身軽になるよいタイミングかもと思い、大手から転出することに決める。

(試してみて使いにくかったらまた他へ移行すればよいと気軽に考えることに)

 

・・・

《大手を使い続けてきた理由》

ここ何年かで格安スマホ各社の広告等目にする機会は増えていたのに、なぜこれまで乗り換えを考えなかったのかと自問してみたところ。

 

・単純に移行の手続きが面倒だと思っていた。

(※乗り換え後→ 移動先の会社のサービス内容を把握しておけば、大きく困ることもないし、実際にやってみると大した手間ではなかった)

 

・通話料金がひどく高額になるらしいとどこかで聞いた。

(大手では普通にある通話料金の割引・無料通話分込・翌月繰り越しなどのプランが、格安の会社では今のところほぼなく通話料はかかった分プラスされるのが基本。これまでかなり通話料がかかったことがあってもどうにか繰り越し額等でまかなえていたため、それらがなくなるのが不安だった。

 

※乗り換え後→ 電話をする相手にもよるが、ネット回線を使った無料通話サービスもあるし、電話回線を使った通話料金半額アプリ(楽天でんわ等)もあるので、今のところ意外と問題ない。年代や環境による差もあるので一概には言えないけれど、メールやLINE等で済むことも多く、連絡手段に通常の電話を使わない・使いたがらない人も増えていそうなので、特別な場合を除き、今後も通話料をそれほど心配する必要はなさそう)

 

・・・・・

移動の経緯はこんな具合。ですが、ずっと大手を利用していて、新興の会社に移るのは多少不安もありました。

 

今までは機種・プラン変更と言っても、自分がやることは楽で、店頭で機種・プランを選んで書類を記入しあとは少し待つだけ。データ移行や設定はすべてお店の方が行ってくれます。格安SIMを扱う会社を利用するとなると、一部を除き基本的に直営店もないので手続きはネットのみ、全て自分で設定等を行う、というのも個人的にはややハードルが上がりました。

 

ガジェット大好きな人々が当たり前に持つ知識も、私には「?」なことばかり。。MVNO(仮想移動通信業者)って何、格安SIM(データSIM ・通話SIM)って何、SIMフリーとは、料金体系は、どんな人に向いているサービスなのか、MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)の手続きは、、等々。わからないものは仕方ないので、例によってちまちまとネットで調べ少しずつ全体像をつかんでいきました。

 

各社の公式サイトはもちろん、スマホ・SIMに詳しい方々が運営する多数の情報サイトは本当にありがたく読みとても助かりました。5社くらいの公式サイトを比べつつ自分の使い勝手に合いそうな2社まで絞り、最終的に【楽天モバイル】 へ移ることに。 

 

f:id:tabi8:20160329135014j:plain

 

・・・・・・・・

◆選んだときの基準は

ライトなユーザーなので、格安スマホ・SIMに多くを望むことは元々ありませんでしたが、自分に必要なことは何かを書き出してチェック項目として選びつつ、公式サイトの利用の流れなどを見て、自分がやるべき手続きや段取りなどを確認。申し込みをしました。(※申込時点の内容 2016/3。最新情報は公式サイトへ)

 

《自分にとって必要なことの確認》

・緊急電話(110,119等)が使える。

(格安スマホでは緊急電話が使えないこともあるというのを以前聞いたことがあったので、事前に使えることを確認)

 

・端末も新しくしたいので、「端末+通話SIM」のセットで申し込みたい。

(事前に使ってみたい機種を決めていて、セットでその端末を扱っているところにしたかった。これまでの機種は全て国産メーカーだったので、他も試してみたかった。「ASUSのZenFone 2 Lazer(約25000円) + 通話SIM 3.1GBプラン(月額1600円)+事務手数料(3000円)」で申込)

 

・契約期間の縛りが少ないところにしたい。

楽天モバイルでは、データSIMは最低利用期間がなく解約時の違約金もなし。通話SIMの最低利用期間は12か月目まで、12か月目以内の解約は違約金9800円が発生する)

 

・契約後でもプラン変更ができる。

(ゲームの趣味はなく動画もPCでたまに見るくらい。スマホでは連絡、ネット検索、電子書籍が読めればOKという程度だったので、ひとまず3.1GBにしておき今後の様子を見てプラン変更を検討する)

 

・余ったデータ通信料が翌月に繰り越しできる。

 

・通話料半額アプリ(楽天でんわ)がある。

(同じ会社が提供するアプリであれば登録や管理も楽なので。ネット回線ではなく電話回線を使用していて、通話品質にも安心感が持てた)

 

・現在の電話番号をそのまま使いたい(MNPを利用)。

 (更新月に移行しないと違約金が発生してしまうので、手続き日数などを考慮しつつ、MNPの予約No.を取得後、【楽天モバイル】 に申込。

 

事前の問合せで、更新月のはじめより月末近くまで利用してから転出した方が料金的にお得だとアドバイスをいただいたのでそのつもりでいた。が、使用中端末のバッテリーの持ちがさらに怪しくなり月末まで待っているのも不安になったので、予定より早めに転出&転入(申込)手続きをすることに。(MNP手数料2160円)

お得感はやや減ったものの、「楽天モバイル」では月額料金1ヵ月無料の特典があったので、結果的に損もないのでよかった)

 

楽天モバイルのメールアドレスがひとつ使える。

(これまで利用できた携帯用メールアドレスは解約後使えなくなるが、それはgmailやyahooなどのフリーメールに切り替えて対応すればOK。問題は利用するネット銀行で登録が推奨または必須とされている携帯メールアドレスが使えなくなることだった。けれど、それも楽天モバイルの契約で専用のアドレス取得ができるとわかったので、この問題もクリアできた)

 

・申し込み時に配送日時指定ができ、利用中の端末がつながらない期間がわかる。

(いくつかのサイトを確認して手続き日数の平均は5~7日間くらいというざっくりした理解はあった。ただ、MNPを利用する場合、どの時点で利用中の端末がつながらなくなるのかわからず心配だった。楽天モバイルでは、地域により配送指定日の2日前~1日前が電話が使用できなくなる期間と明記されていて、事前に予定も立てやすく安心できた。

注意:MNP以外の新規申し込みでは配送日指定はできない)

 

・・・

その他としては。

 

楽天モバイルでは常に何かしらお得なキャンペーンが行われているようなので利用しやすい印象。

(欲しい端末のキャンペーン期間をチェックしてその時期に申し込みできた)

 

・これまでにもたびたび楽天市場を利用していて、すでに会員登録があったので申込時の手間が省けるのは助かる。

 

・月々の支払いでポイントが貯まる。

(事務手数料や端末料金はポイント対象外だが、100円で1ポイント。「通話SIM」契約期間中なら楽天市場での買い物がずっと2倍。

これまでも無理に楽天で買い物してポイントを貯めようとしたことはないが、気づくと地味にポイントが貯まっていた。今後も「楽天モバイル」の利用でちんまりと増えていくのはうれしい)

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

◆その時々の自分に合わせて気軽に乗り換えてみる

新しい端末とSIMカードが届いてからの設定は、全て初めてやることなので多少とまどったり時間も要したけれど、不明点や必要なことは公式サイトや数々の丁寧な情報サイトを調べることで、解決できることばかりでした。

 

昔はよくわからない説明書が何冊も付いてきたりしたけれど、今は紙一枚程度に最小限のことが書かれているくらい。必要なことはネットで見るペーパーレス化が実践されていてシンプルでよいです。

 

まだ乗り換えてから日は浅いけれど、携帯電話(スマホ)への依存度合が限られている私のようなユーザーには、今のところ充分な使い心地です。今後またどんどん新しいサービスも登場してくるだろうし、大手の2年縛りが改善される動きも。一年経過した頃に、このまま継続していくのか、また乗り換えたいと思うのか。そんなことも楽しみにしつつ、日々快適に利用していきたいと思います。(時間経過後の使用感もまた追って)

>楽天モバイル、お得なキャンペーンをチェック。

 

・・・・・・・・

(加筆。2017/4月)

楽天モバイルに転入してから約1年が経ちました。困ったことは何も起きず快適に使うことができたので、1年間の契約の縛りがなくなった今後も、このまま使用していきます。電話を多く使用したり通信データの超過などがなければ、基本的に2000円以内でおさまります。(今も3.1GBプランを継続中)

 

(動画などをたくさん見る方はやはり通信量が増えますが、家にいる時は自宅のwifiにつなげば、スマホのデータ通信量の心配もなくなり。仮に10GBの通話SIMプランにしたとしても、月額2960円(税抜)です。通話料が気になる場合も、通話アプリの利用でかなり抑えられるのでは)

 

一般的なスマホの平均月額は7000~9000円前後とも聞きますが、ガラケーの時でも3000~6000円くらいだったことを思い返すと、格安スマホ格安SIMってすごいなと。何事も、定期的に見直すのは大事ですね。

 

私が契約した頃にあった通信速度制限(確か3日間で540MB以上データを使用すると速度制限がかかった)も、現在は撤廃されたりして、今後もより利用しやすい流れになっていきそうです。

 

気になりつつも、なかなか格安スマホ格安SIMというものに移れなかった理由を思い出してみると、単純に仕組み・システムがわからなかったことや、手続きがちょっと面倒に感じるという心理的なものだけだったような。

 

ただこれらは、格安スマホ・SIMを提供する各会社の公式サイトを見れば、Q&Aなどでわかりやすく解説されているので、それらを読むと納得したり安心できたりします。

 

それほど使っていないのに毎月のスマホ料金高いなと思いつつ、そのままになっている場合は。格安スマホ格安SIMも検討してみては。(少しの手間と時間は必要ですが一時的なこと。スマホ生活がより軽く快適なものになりますように)

 

新しくお得なプランは次々登場している様子、最新情報は下記よりご確認を。 

→【楽天モバイル】