トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

『ザ・シークレット』を読んでみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20151113131020j:plain

しばらく放置していた本がなんだか急に気になりだして、再読しています。出版年からはだいぶ経ちますが、以前から気になっていたこの本を今年のはじめ頃にようやく読みました。

 

引き寄せの法則」に関する本に興味がある人なら、一度は手に取ったことがあるかもしれません。再読しているのはこちら。

『ザ・シークレット』

 

本書は、米国のロンダ・バーンという著者によるもので、その引き寄せの秘密を紐解くために、数々の著名人(作家、講演家、博士、CEO、医師、、etc)の言葉を通して様々なことが語られてゆきます。

 

初めて読んだときは好奇心で一気に読んだのですが、表面をさらうような感覚で、この時の理解度はいまいち。きちんと腑に落ちてはいませんでした。けれど、読んでいるとなんとなく心地よかったことは覚えています。

 

様々な角度から語られる「秘密」も各項目ごとにわかりやすくまとめられているのに、それらを語る登場人物が多すぎてうまく消化できなかったようです。(著名な登場人物たちの略歴が巻末にまとめられていますが、全て外国の方々でその凄さが自分にとってはピンとこないというか、遠く感じられたせいかもしれません。)

 

ただ、読んでいると、この「引き寄せの秘密」を知ってきちんと使うことができれば、なんだかとても心が平和でよさそうな世界が存在しているのかな、という漠然とした感覚のまま、その後数か月が経ちました。

 

・・・・・・・・

◆「片づけの魔法」と「引き寄せ」はどこで繋がっているのか

なぜ、「ザ・シークレット」を再読してみたい気分になったのか。と考えて、思い当たることがありました。それは、私も半年間実践したこんまりさんの 『片づけの魔法』 『断捨離』 、他様々な「片づけ本」には概ね、片づけをすると人生に劇的な変化、よいことが起こる、運気が上がる、といった内容が書かれていること。

 

片づけ祭り中、祭り後を振り返ってみて、モノを減らせてよかった、片づけられてほっとした、という気持ちはあるものの、わかりやすい劇的な変化というのは今のところありません。けれど、「片づけ」「掃除」といったものには、様々な「引き寄せ」的何かが働いているのだろうなという気はします。

・第2回、片づけ祭り♪ スタート : 前回より時間をかけさらにコンパクトに。

・「第2回目の片づけ祭り」が終了、今思うこと。

 

そんなわけで、しばらく放置していた「引き寄せの秘密」を、ただ漠然と読んで楽しむのではなく、もう少し理解納得して実践できたら面白いしわくわくしそうと思い、この本の再読を寝る前に少しずつ始めました。(秘密っぽい雰囲気の本の装丁もよいです)

 

自分なりに噛み砕いて実践し、面白くてわかりやすい効果が出ればいいなと思います。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

◆「引き寄せ本」の入り口

もうずいぶん昔のこと。「引き寄せ」という言葉ではないものの、内容的には「心の姿勢」に関することが延々と書かれた本が、自分で買った最初の「引き寄せ系の本」だった気がします。

 

タイトルは忘れてしまいましたが、やはり米国の著者によるもので、宗教・スピリチュアルといった要素が一切なく、どちらかというとビジネスパーソン(男性向)のための実用書という印象でした。(それが返って手に取りやすかったのかも)

 

その後、自覚的に「引き寄せの本」として購入したのは こちらの本 でした。これも知ったのはかなり前。ベストセラー作家さんで今ではその著書も数えきれないほどありそうですが、当時は2~3冊購入し、それらを繰り返し読んでいました。言葉としては、「プラスのパワー」や「精神レベル」という表現を多く用いていて、引き寄せ知識がない私にもわかりやすく、こんな面白い世界があるんだとかなり熱中して読んでいた記憶があります。(公私ともに精神的に大変な時期で、実践することよりも読んで安堵する、という使い方が多かったような。)

 

ただ、しばらくして自分の考え方や感じ方が合わなくなってしまったのか、読んでもなぜか以前のような楽しい気持ちになれず、いつの間にかこの本を読み返すことはなくなっていました。

 

その後は、気が向いた時に、数々ある「引き寄せ」関連本をなんとなく手に取って楽しむ、という感じに落ち着いていました。

 

・・・・・・・・

◆引き寄せ実験・実践を楽しむ

初めて引き寄せにハマった時は、小さな出来事でもへぇ~と感心していました。例えば、本に書かれているような、

・満車状態の駐車場で、自分の目の前で空きが出る

・あまり気乗りしない集まりが、他の人の都合でキャンセルになる

・欲しかった物を絶妙のタイミングでいただく

など。日常的に誰にでもありがちで、一見「引き寄せ」とは思わないようなことも、そういう視点で見始めるとなんだか実際起こる数々の些細な出来事が楽しかったです。

 

自分の中で印象に残っている小さな引き寄せはワイン。急にワインが飲みたいと思い、普段なら赤だけどたまには白もいいな、週末に買おうなどと思っていたら、数日後にお土産で「ロゼ」をいただいたことがありました(中間色を引き寄せた)。

 

・・・・・

「片づけ」「掃除」「引き寄せ」、これらの関連本は膨大ですべて読むことはできないけれど、それぞれ根本的なところはどこかで繋がっていそう。色々な解釈と実践を楽しみつつ、自分なりの法則を見つけてみたい。そんな今の気分に従いながら、あれこれ試していこうと思います。