トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

片づけ・大掃除は年末と言わず11月中に。片づけに便利な「宅配買取」をまとめてみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20151105235049j:plain

年末と言えば大掃除。普段できないところの「片づけ」と「掃除」を同時進行しようとして効率の悪い作業をし、せっかくの年末の休みに疲労困憊する人々も多いのではと思います。私はわりと毎年そんな状態でした。

・「片づけ」「収納」「掃除」は、すべて異なるもの。

 

けれど、今年は違います。今年は こんまりさんをお手本 にじっくり向き合う「片づけ祭り」を終えて、かなり清々しくモノが減ったので、年末の片づけは不要になりました。(「祭り」終了後も1日1個とかその時気づいたものを捨てる「小さな片づけ」は継続しているので、毎日モノを定位置に戻し整理整頓さえしていれば、部屋もそれなりによい状態を保てます。)

・第2回、片づけ祭り♪ スタート : 前回より時間をかけさらにコンパクトに。

・「第2回目の片づけ祭り」が終了、今思うこと。

 

以前のように気の重くなるような片づけは、もうする必要がない。この事実は本当に気持ちを楽にします。掃除自体も、モノが減ったことでかなりやりやすくなったので、いつも年末にする大掃除を今年は11月中にやってしまい、年末は簡単に日常的な掃除程度で済ませようと考えています。

(こうして掃除に対する行動にも腰が重くならないのは、モノを減らしたことの効用なのだと実感します。)

 

今年に入り、初めて本・CDの「宅配買取」を利用してみたところ、今さらながらその便利さを知りました。片づけ祭りにも突入し、自分にとってよいモノの手放し方を探すようになる中で、様々な「宅配買取サービス」があることを知り、最初は少し不安もありつつ試しましたが、振り返ってみれば毎月何かしらこうしたサービスを利用していました。よいサービスを試せたおかげで、自分なりに納得して無事にモノを手放せたと思います。(地方にいるとより便利さを感じます)

 

仕事や家、環境の都合など様々な理由で、捨てようと思っても中々うまく時間が取れないことは多々あるもの。そうは言っても、捨てるべきものをずっと家の中に溜めておくのも心身によくないので、まずは気軽に手放せそうなものから利用してみるのがよいかもしれません。

 

・・・・・・・・

◆便利な宅配買取サービス

利用してみてとても助かったのでまとめてみます。

 

⇒本・DVD・CDの宅配買取

⇒ブランド品ほか取扱い多数。宅配買取

⇒ジュエリー、貴金属類の宅配買取

⇒着物の宅配買取

 

 

 いずれのサービスも丁寧で私には利用しやすかったので、初利用後もそれぞれ何度かリピートしています。 不明点や気になることは事前に問い合わせて確認納得してからネット申込しました。

 

年末が近くなると買取サービス会社も宅配業者さんも混み合いそうなので、手放したいものが多い場合は早目がよいかも。

 

もっと以前からこういうサービスを知っていたら、モノを手放すのも楽でお得だったのにな(時間も労力もずっと少なくて済んだはず)。と何度となく思いましたが、また今後も必要があれば利用できるし、無事に「片づけ祭り」も終わったのでよしとします。

・「初の宅配買取」レポート: 入金&まとめ。

・「宅配買取サービス」で、アクセサリー類を手放してみた。

・「宅配買取サービス」で、昔のお金を手放してみた。

・「宅配買取サービス」で、ノンブランドの古着買取を試してみた。

・「宅配買取サービス」を利用する際の自分なりの基準。

 

・・・・・・・・

◆来年の大掃除は夏にする予定

今年の大掃除は11月中に終わらせようと決めていますが、来年の大掃除は夏頃にやってみようとひそかに今から考えています笑。というのも。いつだったか雑誌等でお掃除アドバイザーのような方が、「年に一度の大掃除は夏でもよい」、といった内容を提案されていて、それいいかも!、と思ったことがきっかけです。

 

新しい年を迎えるにあたり年末に汚れを落とし部屋を清める、というのは精神的な部分でもよいことなのでもちろん今後も通常の掃除は行います。が、大掃除=普段見過ごしやすい場所やつい手を抜きがちな箇所(換気扇、窓、エアコン、天井の電気カバー、排水口、、他)の念入りな掃除は、確かに夏場の方が楽かもしれない、と。

 

掃除自体が嫌なわけではないのに、年末のこの行事(大掃除)に苦手意識があるのは、作業に気持ちが乗ってくるまでに時間がかかるせいかもしれません(私の場合)。息も白い冬の寒い中、窓を開け放ち、水をじゃぶじゃぶ使い、防寒のためにモコモコ着込んで数時間作業するというのが、エンジンがかかりにくいというか効率的でなく感じることも。

 

同じ作業を夏場にしたら、確かに汗はかくけれど、Tシャツとパンツスタイルの身軽な格好でできるし水を沢山使うのも冷たくて気持ちいい。掃除した場所もすぐに乾くし、汚れものもすぐに洗濯してあっという間に乾く。自分の汗も作業後にさっとシャワーで流せる。全てが効率よく短時間で済む気がするのです。

 

今年の夏は「片づけ祭り」で過ぎてしまい掃除のことまで気が回らなかったので、来年は夏の大掃除を試してみたいと思っています。(人によって好きな季節・活動しやすい季節というのも異なると思うので、春夏秋冬のどこかで自分に適した大掃除ができればそれでよいかなと。)

・掃除洗剤も減らせる♪基本は「3種類」に絞ってみた。:実践&まとめ

 

 

大掃除という概念が必要なくなるくらい、日々の掃除であちこちぴかぴかにできたらそれが一番ですが、だいぶハードルが上がりそうなのでそちらは徐々にということで今後の目標に。

 

 

===============

(*仕事・家事・育児・介護など、日々フル稼働で、年末の掃除は毎年気が重くて仕方がないという場合もあると思います。そんな時は無理をせず、家事代行などを利用してみても。働き方や生活スタイルも多様化する中で、こうしたサービスも増加傾向の様子。本人利用はもちろん、プレゼントとしての利用も人気だそう。

自分(家族)の体と時間を大切にすることも、時には必要ですね)

>自身を労わり、人との時間も大切にするための「家事代行サービス」