トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

妄想旅支度 : 気になる薄い長財布。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20151009011716j:plain

最近、また財布のことが気になりはじめました。今使っている長財布が、今年の年末で3年経つからそろそろ買い替え時期、というのもありますが。理由はもうひとつあります。

 

(以前も、旅行用のコンパクトな財布のことを書きました。デザインも面白くてかわいいなと。けれど、色々考えて旅だけでなく日常的な使い勝手を考慮すると、私の場合は折りたたむタイプより長財布の方がやはり使いやすそうなので、コンパクトで軽くて使いやすくお手頃な長財布がいいなと、かなり勝手な要望を持ちつつ、その後も時々気になる財布探しをしていました。)

・妄想旅支度: コンパクト財布

 

・・・・・・・・

長財布=重い、は自分の思い込みだった 

先月のこと。実家の母親が「スリムな長財布」をバッグから取り出すのを見て、今まで見たことがない財布だったので思わず尋ねてみたところ、本来は着物用の財布とのことでした。今は普段使いにしているようで、その時母が持っていたのは、そのスリムな長財布が丁度入るくらいの小さなハンドバッグ。(確かに着物の時は基本的に小ぶりのバッグくらいしか持たないから、このくらい薄くてかさばらない財布はとても便利そう。)

 

そのスリム財布は着物用なので和柄でしたが、薄いながらもお札もちゃんと入りそうだし、小銭入れにファスナーも付いていて安心、カード入れも数枚分ある。これはいい、と。(ちゃっかり色々チェックさせてもらいました。)

 

それからまた「薄い財布・コンパクト財布」熱が再燃し、似たようなデザインのものがあればとネットで探してみたら、なんだか気になる財布を最近見つけました。

(長財布といえば、なんとなくしっかり・どっしり・重厚といったイメージでいましたが、薄くてカラフルな長財布は沢山ある、、またしても自分の固定概念にうなだれました。。)

『薄い長財布』

 

カラーが豊富なので見ていて楽しいのと、紹介されている写真とともに使い勝手をあれこれ想像し、これなら日常的にもなんとなくうまく使えそうというイメージが湧きました。個人的に一番驚いたポイントは、何と言ってもその軽さ、わずか40g。あと、牛革なのにお手頃価格。レビューも多いのでざっと見て、良い面そうでない面それなりにありそうですが、概ね良い感じです、かなり使ってみたくなりました。

 

(もし合わなかった場合でも価格的に痛手も少ないし、普段使いでなくても非常用とか用途別で使えそう。とはいえ、ここまで片づけてモノを減らしてきた過程を思うと、どんな小さな買い物でもできれば失敗したくない・・)

・片づけ祭り開始以来はじめて感じた「気持ちの消耗・疲労感」について考えてみた。

・「第2回目の片づけ祭り」が終了、今思うこと。

 

とにかく今は、身の回りの持ち物をコンパクトにすることが楽しくなっているので、この財布に替えたら気分も軽やかになりそうです。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

風水・縁起的なことをどう考えるか 

色はミントに結構惹かれていますが(普段は地味色ばかりを好みますが、最近妙に空色が好きなので)、財布の色にもそれぞれ意味合いがあるようで、ブルー系はお金を流してしまうとか、、。黒やキャメルあたりは手堅いかも。

 

考え過ぎず直感や単なるその時の好みで決めればよいとも思うし、全ての人が3年で財布を買い替えているはずもない。。購入日や使い始めの日など色々気になったり、そもそも金運的には薄い財布はどうなのかとか、縁起的なこともつい考えてしまいますが。(参考:風水財布 )

 

そういえば、 こんな本 もあったな笑。

 

いずれにしても、財布にまつわるあれこれを知るのは個人的には単純に面白いし興味深いです。

話が少し反れましたが、もう少し物色して年内にはその時の気分で決めようかなと。薄い財布にしたら、バッグが多少軽くなるしスペースもできそう。かなり手軽に身軽気分を味わえそうなアイテムです。

 

・・・・・ 

(※「妄想旅支度・妄想旅リスト」  = 旅はもちろん、日常生活も旅と同じくらい身軽でコンパクトにできるように、気になったりこんなものがあったらいいなという、モノ・コトのメモ。) 

『薄い長財布』  

(※追記)

 ↓ その後予定通り購入した薄い財布は、自分のニーズに合っていて快適に使用中です。 

・気になる「薄い長財布」を注文してみた。軽い、薄い♪

 

 

・・・・・・・・

 ( こちらは国内・海外いずれのホテル検索もできるサイト。エクスペディア、booking.com、じゃらん、agodaなど、複数の主要旅行サイトの料金を一括比較できます。その時一番お得な料金プランを見つけてくれるので、相場を知るのにも便利)