トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

衣類と書類の収納、その後。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150919000517j:plain

とりあえずで仮置きしていた衣類と書類の定位置(住所)が決まりました。

 

・部屋と収納のコンセプトを再考してみた。

・今必要な収納用品を絞ってみた。

 

・・・・・・・・

衣類も書類もコンパクトに収まった

プラスチック製や木製の大きな収納ケース・収納棚からの脱却を目指し、あれこれと試行錯誤を続けた結果、ひとまずこんなかんじに落ち着きました。

 

・衣類→ 大小5つ程のバッグ(不織布等混合素材)をそろえ、その中に移動。立てる収納もそのまま。マチが20cm近くある大きめバッグに主な衣類を、マチが15cm程の小さめバッグに靴下類、ハンカチ、下着類、パジャマ等を収納。靴下等の小物用に以前から使用しているティッシュケース程の大きさのボックス数個も、そのまま利用しバッグに移動(このボックスだけは重ねる形で収納したので、取り出しにやや手数がかかるが、特に困らない)。

バッグ収納なので少し上からのぞいて出し入れするかんじだが、今のところ大きな不便はない。 

 

・書類→ さらにプラスチックの書類ケースをひとつ捨て、6箱程のダンボール箱に収納。暫定と思って使っていたダンボール箱が思いのほか使い勝手がよいので、このまましばらく使用することに。A4書類がちょうど収まるコンパクトサイズ。(蓋付書類ボックスなども探したが、程よいものがなかったのと、今後も一定期間ごとに書類を減らす予定なども考慮して。)

 

こんな具合にそれぞれクローゼット・押入れに収納し、以前よりすっきり見えるよう整頓しました。衣類用のバッグは近くのお店で調達。書類用のダンボール箱はそのまま使うことになったので、箱の前面にポストカード等を貼って無機質な印象を薄めて明るい雰囲気にアレンジすることに。(書類用の暫定ダンボール箱はごく普通のものですが、以前小ぶりな箱が必要で同じものをまとめ買いしました。まだ残っていたのを有効利用できてよかったです。)

 

書類や本類というのは、小さい箱に小分けに入れないと重くなりすぎて移動が困難になるので(引越しでも単なる室内移動でも)、今後もしまた新たな箱を使うことになったとしても、やはりコンパクトなものを用意すると思います。

・収納棚・ケースを極力なくす試み。(=「粗大ごみ」を出さないようにする工夫。)

 

・・・・・

今後の使い勝手や様子を見て、さらに改善していくことは当然あると思いますが、今はコンパクトなバッグやダンボール箱に収まり定位置が決まったモノたちを見て、少しほっとしています。

 

そういえば。アースカラーナチュラル系の服ばかりと、とても地味なクローゼットですが、一部の衣類を移したバッグは少し模様の入ったくっきり明るい空色にしました。普段全く選ぶことのない色ですが、おかげで扉を開けた時にパッと明るい色が目に入りなんだか嬉しい。

 

身につけるには強すぎる(派手すぎる)色も、こうして収納などの見えない部分で遊べるのはよいものだなと、ひそかな楽しみを増やした気分です。