トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

『モノを捨てよ世界へ出よう』を読んでみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150912233544j:plain

高城剛さんの著書、読んだのは初めて。世界中で様々な種類の仕事をしている多忙な方、というざっくりとしたことしか知りませんでしたが、以前からタイトルが気になっていてようやく読みました。

 

読んだのはこちら。

『モノを捨てよ世界へ出よう』

 

タイトル通り、最初から最後まで、洋行体験をすることの重要性を語っています。できれば1ヵ月~3ヵ月間くらい海外生活できると望ましいとされています。(現実的なことはともかく)単なる旅行ではなく、生活者として滞在することが大事であると。

 

(全ての人が真似できるとは思わないけれど、実際海外に出るためのものの考え方や実践方法などについても書かれています。)

 

世界へ出ようというのは、別に日本を捨てることを提唱しているわけではなく。著者が日本の現状に危機感を覚え、日本が好きだからこそ、この国(日本式システム)から一度離れて、距離を置いて外からものを見たうえで、自分を知ることの大切さを語っています。多少なりとも外の世界を知り経験することが、より自分の道を開き個の力をつけ、日本も変えていく力に繋がると。

 

( 江戸の幕末から明治維新にかけての歴史上の有名人物(坂本竜馬高杉晋作など)の言葉を交えながら、過去の歴史にさかのぼりつつ現代の政治、日本についての考えも語られています。)

 

日本に住んでいても閉塞感は日々感じるけれど(ニュース等の情報や周囲の人の会話等からも)、長期間世界を回っている著者のような人は、たまに帰国した時に感じる日本の閉塞感により敏感でより異様さ気づくのかもしれない、と思いました。ずっと中(日本)にいるとそれ以外の生活を主に情報としてしか知りえないので、物事の変化に気づきにくくなったり麻痺したりするのは確か。。外(海外)に出たときのような他国を肌で感じるということはできないので。

 

・・・・・・・・

モノはもっと減らせる

個人的には、この本の主旨とは異なる部分でひとりうなっていました。それは、様々な時期を経て再び日本を出ようと決めた著者が、約6年かけてモノを捨て、9割以上の財産を処分、最終的にスーツケース4つ分にまで集約したということ。

 

完全に「ストック型」生活であった著者は、洋服はシーズンごとに100万円単位で新作を購入、レアものの買い占め、大量の書籍・CD・DVD等の保管に追われていたというから、一般の人のものさしでは測れない量のモノを所有していたことは容易に想像できます。

 

そんな人がスーツケース4つ分にまで荷物を減らせるとは。PCがあればどこでも仕事ができてしまう職種というのもあるし、デジタルの恩恵で様々なものをデータ化できたことも大きいと思うけれど。

 

著者ほどひどいストック型生活ではなかったのに、なぜ現状で自分の持ち物がスーツケース4つには収まらないのか。。とやや気持ちが沈んだところで、(でも、著者の引越し荷物の中にお気に入りのラッピング用品や食器・鍋・料理道具はないかも、たぶん現地調達)と勝手に想像し、生活スタイルも大事なものも人それぞれ異なるのに、モノの量で落ち込むのはおかしい、と我に返りました。

 

4月からの片づけ祭りで目いっぱいモノと向き合ってきて、現状で減らせるのはここまでだけれど。少しずつ自分の思考や視点が変化しつつある今、今後も心境の変化に合わせてもっとモノを減らせるのでは、とひそかに感じています。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

うっすら自覚していたことを文字で再認識

・荷物を極小化することは、物理的にも精神的にも、「いつでもすぐに動ける態勢をとっておく」ことを実現させる。それは、いつ何が起こるかわからない現代において、一層大事になってくる。

 

・変化し続ける時代に自分自身を適合させる。

 

自分で的確に言葉にはできなかったけれど、「モノを減らす」とはこういうことなのだと改めて思います。

 

いらないモノにあふれた部屋、無駄な消費をしてきたダメな自分、そういうごちゃごちゃしたものを取り除くことで物理的にも精神的にも身軽になりたいと考え、片づけをしてきましたが、それは、突き詰めると何かあってもすぐに行動できる根底的な人としての強さ(著書でいうとろこの「サヴァイブ力」)を持ちたいという、自分の思いの表れなのだと感じます。(ときめくモノとかくつろげる部屋づくりとか、そういうものも超えたもっと先の思いのようなもの。)

 

・・・・・・・・

外から見る視点を忘れかけていた

つい自分の生活まわりのことばかりに目が行きがちだけれど、外からものを見るというのは大事だなと思います。一見言い尽くされていそうなこともこんなふうにわかりやすく書かれていると、少し客観的に(俯瞰して)物事を見る視点というのを思い出させてくれるというか。

 

長くても1週間程の海外旅行を何度か経験したくらいで、他国で1ヵ月以上も滞在・生活というのはしたことがありませんが、意志と計画を持てば(すぐには無理でも)人生のどこかの段階で、外の国での生活というのはできるものかもしれないなと思ったりしました。(海外経験は若ければ若いほどよいと書かれていましたが、気づいたとき行動できるときが人それぞれのタイミングと考えて。)

 

多くの人にとって似たような人生の通過点というのはあると思います(外に目を向けたい時期、内面・足元に目を向けたい時期)。著書にあったように、変化・決断を先送りすることなく(恐れず)、個の力をつける、日本の中にいてもそんなことを時々でも意識していきたいと感じました。

 

・・・・・

まずは、自分のモノはまだ減らせる可能性があると気づけたので、「片づけ祭り後」にまた新たな策を練りたくなってきました。 

 

 

・・・・・・・・

 こちらはホテル検索サイト。複数の主要旅行サイト(エクスペディア、hotels.com、じゃらん、agodaなど)から、料金を一括比較できます。国内も海外もその時最もお得な料金プランを探して提示してくれるので、相場を知るのにも便利)