トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

キッチンの三角コーナーと食器用水切りカゴをなくしてみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150804133008j:plain

キッチンにある「三角コーナー」と「食器用水切りカゴ」、先月ついに手放したのでそのことについて振り返ってみます。

以前からこれらがあまり好みのアイテムではなく、これまでも実験的にやめてみたり使ったりということを何度も繰り返してきました。

 

・・・・・・・・

三角コーナーと水切りカゴのよい点とそうでない点

キッチン周りの定番小物かもしれませんが、モノを減らしてすっきりと掃除のしやすいキッチンにしたいので、できるだけ表に出ているものを少なくしたいと思っていました。

 

三角コーナーや食器用水切りカゴを、これまで実験的に使用中止にしたりまた復活させたりを繰り返した時に感じたよい点と不便な点を振り返ってみます。

 

◎よい点

・この2点の小物がなくなるだけでキッチン周りがかなりすっきりする。

・掃除がしやすくなる。

・水回りなのでどうしてもこれら小物自体にカビやヌメリが出やすくなるが、それを取る作業から解放され、その分の掃除時間も短縮できる。衛生的にもよい。

・水切りカゴの代わりに大きめのキッチンタオルを用意するが、それも毎晩さっと洗って干すだけなので、楽なうえに清潔。

 

△不便な点

・三角コーナーをなくしても調理中に出る野菜くず等のゴミは、やはり一時的にシンクの隅にまとめることになり、それ用のビニール袋が必要。

・洗った食器は大きめのキッチンタオルの上に一時置くので、上手く重ねないと食器類が雪崩を起こす。

 

・・・・・・・・

なくても特に困らない

上記のように、試してみてちょっと不便かなと思う点もありましたが、ビジュアル的にあまり好みではなかったものがなくなったことで、物理的にも精神的にもすっきりしました。

 

そして、なんと言っても掃除のしやすさと衛生面のよさ。今までのようにいちいち水切りカゴをどかして掃除をする必要がないので、水や油が跳ねてもさっと拭けるし、三角コーナーや水切りカゴをごしごし洗う必要もなくなりました。

 

調理中のよいゴミのまとめ方や、雪崩を起こさない食器の置き方など必要な改良点はあるものの、あとは自分なりにやりやすいスタイルを見つけながら慣れていこうと思います。

 

(以前、料理研究家(肩書きが違っていたかも)の方の本を読んだとき、小ぶりの丸い深さのある琺瑯の入れ物に、調理で出た生ゴミをまとめているのを見た記憶があります。琺瑯なので衛生的にもよさそうだし、三角コーナーより見た目もよいので、これもいいかなと思ったこともありますが、やはりキッチン周りの小物を減らすことを優先すると、とりあえずビニール袋にまとめ、その後ゴミ箱へ、という手順に今は落ち着いています。)

 

・・・・・・・・

キッチン収納棚にできるだけ入れる

その他のキッチンツールや細々したものは、以前は吊るしたり立てたり色々して、目に見える場所に出していました(生活感はあるけれどなんとなくそういう感じも好きだったので)。けれど、収納棚がありしまえるスペースがあるなら、しまえるものは極力中に収めようと思い、今はシンク周りに色々モノを出しておくことはなくなりました。

(もしキッチン周りに収納スペースが少なかったら、以前のように見える収納で工夫すると思います。)

 

殺風景なくらいすっきりしますが、掃除のしやすさは抜群なので満足です。当然ですがやはり食べ物は清潔な空間で作った方が衛生面も気分もよいので、使ったらもとの場所にしまうことさえできれば、ずっと快適なキッチン周りが保てそうです。

 

こんなかんじで、キッチン周りのモノもなくなり、最後まで残っていた「三角コーナー」と「食器用水切りカゴ」も手放してすっきりできました。

 

広告を非表示にする