トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「思い出品」の片づけは、予想外にあっさりと済んだ話。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150724010331j:plain

今月(7月)の片づけ予定は「小物類」「思い出品」でしたが、思い出品の片づけが思いのほかあっさり終了し拍子抜けしています。

 

・・・・・・・・

「思い出品」はすでに結構絞られていたと気づく

思い出品の代表と言えば写真やアルバムでしょうか。もちろん写真もアルバムも持っていますが、数年前から紙に印刷された写真はことあるごとに処分してきたので、手持ちの写真・アルバムはすでにだいぶ絞られた状態になっていました。

あとは基本的にパソコン内のファイルに保存し、一部を除きペーパーレスにすることにしています。

 

それ以外ではプレゼント等のいただきものや自分で購入した記念のものなど様々。

 

「思い出品」の片づけに手を付けようと思った時にふと気づいたことがあります。

よく考えてみたら、これまで片づけてきた全てのものの中に思い出品は含まれていた、と。つまりは、現時点ですでに思い出品はずいぶん絞られ、残したいものが今の場所にあるということになります。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

わかりやすい品ばかりが思い出品ではない

4月から「衣類→本類→書類→小物類→思い出品」と、こんまりさんの片づけ手順に従っていますが、これまで片づけてきた衣類~小物類、すべてのカテゴリーの中に自分にとって思い出深いものはたくさんありました。

 

人からいただいたものやいかにもわかりやすいもの(写真やジュエリーなど)ばかりが思い出品なわけではなく、目には見えない旅の思い出や家族・恋人・友人との記憶というのもあります。思い入れのあるものは皆それぞれ違っているはずです。

 

(他人から見たらどうしてそんなものがと思われそうなモノが、その人にとっては絶対に手放せない大切な思い出の品ということだってきっとある。)

 

・・・・・・・・

思い出品の片づけはあっさりと終了

(まだすべての片づけが終わったわけではないけれど)ここまでの片づけ作業で、楽しい、うれしい、悲しい、辛い、、あらゆる感情を味わいながら捨てるもの残すものを選んできて、(あえて「思い出品」としなくても)その中でもう十分仕分けされてきていたんだなと思います。

 

昨年の一気に短期に浮かれながら行った初めての片づけ祭りの時には、そんなことも意識せず気づくこともありませんでした。

 

そんなかんじで、私にとってのいかにもという思い出品は写真くらいで、あとの思い出品はすでに仕分けてきた本類・小物類の中にちょっとづつ潜んでいたので、一部の写真・アルバムを処分したら「思い出品」の片づけは終了してしまいました。とてもすっきりと。

 

とはいえ、「小物類」の仕分けがあと少しだけ残っています。片づけ手順としては逆なかんじになってしまいましたが、ようやく捨てる減らす作業の終わりも見えてきました。