トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「宅配買取サービス」で、昔のお金を手放してみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150714102926j:plain

骨董品を集める趣味はありませんが、ずっと持ち続けていた古いものを思い切って手放すことにしました。

 

それは、亡くなった祖父が所持していた古いお金(いわゆる古銭)です。生前、祖父には骨董品を集める趣味があり、古銭もその中のひとつだったようです。

 

どのような経緯でその古銭の一部(百枚程)を私が所持することになったのか全く覚えていませんが、とにかくずっと持ち続けていました。大人になって何度となく引越しもしましたが失くすことなく一緒に移動してきたようです。

 

・・・・・・・・

両替&買取で古いお金を手放す

これも「思い出品」のカテゴリーに入ると思うので、手放すのにもあれこれ考えましたが。。私に骨董集めの趣味がないこと、持っていてもそのまま使えるものではないこと、お金の一部が劣化してカビや錆が出始めていたこと等から、思い切って手放すことにしました。

 

とはいえ、一応お金なのでどのようにしたらよいかわからずネットで色々調べてみた結果、一部は銀行で両替できそうということがわかり、一部は「宅配買取」をしてくれるところを探し利用することにしました。

 

聖徳太子の一万円札や伊藤博文の千円札、五百円札といった旧式のお札 ⇒ 近くの銀行に持って行き普通に今使われているお札と五百円玉に両替してもらえました。

・劣化したものも混ざった小銭(1銭多数。他明治大正以前のお金も含む) ⇒ 古銭を扱っている宅配買取サービスに出し買取してもらいました。買取価格は1500円程。

(心の中で祖父にお詫びとお礼を言いつつ、無事手放すことができました)

 

劣化していた古銭の中には時代劇に出てきそうな楕円形のものや真ん中に四角い穴が開いたものもあり、そのおもちゃのような見た目がなかなかかわいらしかったのですが、よほど希少なものでもない限り古銭もそれほどの価値はないのかも。

(追記:後から気づきましたが、物の真贋ではなく買取会社の規定に基づいての買取価格だったようです。真贋を知りたい場合はやはり骨董専門店に持ち込んだ方がよいかも)

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

宅配買取サービスも会社によって取扱品目は様々

調べると様々な買取店があり、骨董(古銭)を扱っている会社ももちろんあります。

買取店には、自分で「店舗持込み」や自宅まで来てくれる「出張買取」もありますが、時間や手間もかかりますし、地方に住んでいるとやはり「宅配買取サービス」が便利です。ただ、調べてみると骨董の類を「宅配買取」してくれる業者さんは少ないようで、その絞られた中から検討し今回は こちら へ買取に出してみました。

 

(サービスもスムーズで気に入って 何度かリピートしている宅配買取 に出そうとしましたが、現時点で骨董は扱っていないため今回は他を探してみました)

 

荷物を送り出した翌日にはメールで査定結果が来たので、その日のうちに承認メールを返信しました。無事買取価格が付いてありがたいです。その次の日(荷物を送ってから2日目)にはもう銀行に入金もされていて、丁寧かつスピーディでよかったです。

 

片づけのおかげで買取についても色々調べたり試すようになりましたが、面倒だと思わずにこれらのサービスを利用してみることで、よりよい手放し方ができるようになったと思います。

 

 (ネットオークションなどで上手に手放す人も多いですが、手間や労力が大変そうなイメージで私にはやや荷が重い。。時間をかけずにぱっと済ませられる宅配買取サービスが個人的に楽なので、今後も利用していく予定です)

 

こんなかんじで、無事に昔のお金も手放せました。

(その後もリピート利用で、古い切手や貴金属類なども買取してもらえました)