トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

片づけのリバウンドについて考えてみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150713160958j:plain

「片づけ本」をあれこれ読んでみると、著者は違ってもわりと共通して書かれていることがあります。

 

それは、「一気に片づけるとリバウンドを起こしやすいので、少しづつ片づけよう。」、「完璧を目指す必要はない。」というような内容です。一気に体重を減らすとリバウンドしやすいダイエットと同様、という考え方のようです。

 

一方、今自分が進めているこんまりさん近藤麻理恵さん)の片づけ方法は、「一気に、短期に、完璧に」が基本です。そして、こんまりさんは以前テレビでも、場所別に(少しづつ)片づけるというやり方では一生片づかないというようなことをお話しされていたと思います。

 

真逆すぎる片づけ法です。これから片づけを始めたいと思っている、片づけの入り口に立っている人々がそれぞれの方法を読んだら確実に悩みそうです。。

 

・・・・・・・・

まずは自分に向いていそうな、やりやすい片づけ方法から入ってみる

方法であれこれ悩む時間ももったいないので、いくつか気になる「片づけ本」を読んだら、とりあえず自分が手を付けやすそうと思われる方法、心理的負担がなさそうと思える方法から真似してみるとよいのではないでしょうか。

じっと考えて動かないより、まずは実行してみるのがよさそうです。

 

そして、もし試した方法が合わないと思ったら、それと違う片づけ方法に変更してみるというかんじに。

(・まずは一気に片づける方法 → 合わなければ毎日少しづつの片づけに変更。

・まずは毎日少しづつ片づける方法 → 合わなければ一気に片づけるように変更。)

 

ちょっと単純すぎるかもしれませんが、例えるとこんな具合です。

 

・・・・・・・・

片づけの正解は自分で見つけるしかない

たくさんの「片づけ本」が存在するということは、それだけたくさんの考え方・方法論があるということで、全ての人にもれなく合う片づけ方法はないということなのだと思います。

 

多くの人に受け入れられやすい考え方や方法というのは、傾向として確かにありますが、どんなにメジャーな方法でもやはりそれが合う人合わない人というのは分かれると思います

 

 私の場合、こんまりさんの本を読んですっかりその気になり片づけを始めたので、他の考えや方法にほぼ影響されないまま昨年初めての片づけ祭りを行いました。(今のところ自分に合った方法だと思っているので、現在第2回目の片づけ祭りをしている最中です。)

 

それまでは、他の片づけ本をそれほど読んだことがなく、読んでもその場限りというかんじでした。片づけの奥深さに興味を持ち、様々な考え方の「片づけ本」を読むようになったのは、初の片づけ祭り以降です。

 

当たり前のことですが、自分のやりやすい片づけ方はその本人にしかわからないし、望む部屋の状態も千差万別。自分の片づけのゴールがわかるのも本人だけです。

 

・・・・・・・・

結局リバウンドが起こるというのは。。

片づけ方法によいわるいということはなく、どんな片づけ方法を選んだとしても、片づけ方法が自分に合わない、なんとなく気が進まないと感じていると、いわゆるリバウンドを起こす可能性は高くなりやすいと考えると妥当な気がします

片づけとメンタルは連動していると感じるので、気持ちが伴わない片づけは本人も部屋も混乱させてしまうのかも。

(ちなみに私の場合。昨年、完璧とはいかないまでもかなり一気に短期に片づけましたが、幸いその後も特にリバウンドらしきことにはなっていないです。)

 

リバウンドが無い方が、もちろん片づけの効率はよいです。けれど、リバウンドを意識しすぎず、まずは気になった方法を実践することから。自分の失敗や気づきから学ぶことも結構大きいと思います。

 

広告を非表示にする