トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

保険料の片づけ。無知の後悔とともに生命保険を見直してみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150615233115j:plain

片づけにまじめに向き合うようになってから、物質的なモノの片づけだけでなく、暮らしの費用や物事の考え方自体ももっと身軽にしていきたいと思うように意識が変化してきました。

今回は、長年放置していた保険料を見直したときのことなどについて書いてみます。

 

毎月決まった支払いというのは誰しもあります。その中身は多少違っても、住宅費用(家賃・ローン)、水道光熱費、通信費(電話料金・プロバイダー料金)、車維持費、公共料金、年金保険料金各種、、等々の主なところから、あとは趣味や勉強・仕事関連のために毎月決まった支払いがある場合も多いかもしれません。

 

以前も少し書きましたが、自分の反省すべき悪い癖で一度始めてしまった契約等の固定費を定期的に見直すということをあまりしてきませんでした。

けれど、(年金・健康保険料等といった必ず支払うべきものは別として)ある程度中身を検討して自分の意志で選択できるものもあります。例えば、ネット使用料金、携帯電話料金、各種保険料、何かの会員費等はこれにあたると思います。

 

本当に必要かそうでもないのか、必要ならその内容(プラン等)は本当に自分に合ったものなのか、といったことを年に一度でも定期的に見直してみるのは大事なことです。

 

・・・・・・・・

かつて一家の大黒柱が入るような高額保険に入っていた。。

以前、長期間加入していた生命保険について見直したことがあります。きっかけは、保険外交員さんが持ってきた今後の料金プランを見て衝撃を受けたからです。

 

(詳細は省きますが、社会人になって間もないころ親が勝手に保険屋さんを呼び契約した保険です。サインは当然自分でしましたが、20代前半で保険に興味もなく他の保険と比べるという頭もなく、なんとなくそのまま月々払い続けて十数年経っていました。)

 

毎月ずっと同じ保険料を支払えばいいと思っていたのですが、今後も同じ保険に入り続けるには、(一定年齢までは同額でも)年齢が50代・60代・70代と上がるに従い月々の保険料もうなぎ上り(家賃並みの額)にどんどん上昇していくという保険プランだったのです。。

(年金を受け取るような世代になって、こんな高額保険料を毎月支払える人はいったいどれくらいいるんだろう、と思い呆然としました。。)

 

このとき初めて、自分の無知と人任せにして物事を見直さないことの愚かさを反省しました。。

(保険に入っていれば何かあった時に困らないだろう程度の考えで勧められるがままに毎月支払っていた保険プランは、今ならわかりますが一家の大黒柱が入るような保険で、加入当時20代だった私にふさわしい保険とは言い難いものでした。)

 

保険プラン的に解約しても戻って来る料金はほぼないこともこの時知りました。ずっとお金を捨てて来たんだなぁと思いしばらく自分を責めていましたが、過去は戻らないので今後どうするかを考えました。

 

・・・・・・・・

まずは気持ちを改める

自分の無知を責めてもこれまで払ってきた保険料数百万円は戻らないので、考え方を改めました。

・高い授業料にはなったが大きな病気もせず無事でいられたので安心料を払ったと考える。

・自分が払った保険料もどこかで誰かの必要な医療費の一部になり、募金や寄付のように何かの役には立ったと考える。

 

・・・・・・・・

自分に合った保険に入りなおす

まず、長期間入っていたこの保険を解約しました。

保険を見直すということをしてこなかったので、何から手をつけていいかわからないながらもあれこれ調べたり、無料相談に申し込んで専門の方に話を聞くなどして検討し、今の自分に合った保険・プランを見つけ無事加入しました。

 

以前のような大きい保証は必要ないと思い身の丈に合ったものにしたら、月額は数千円程度になりました。今は新しい通販型の保険や種類も多岐に渡るので、便利でありがたいです。

 

これらの経験から思ったことは、どれほど高額保険に入っても絶対的安心はないということです。仮に事故や病気になったとしても(その状況が規約に当てはまらなければ)必ずしも保険が下りるとは限らないので。

備えは大事だけれど、必要以上の不安を持つことなく身の丈に合った保険でよい、そして、何か起こったときはなるようになるという原始的な覚悟は持っておこうと思いました。

 

今年に入ってからも現在入っている保険プランを見直して少し変更してみました。自分も生活環境も当たり前に変化していくので、それに合わせ今後も定期的に見直す予定です。

 

・・・・・・・・

生活習慣や思考も身軽にしていく

片づけに真剣に向き合うようになって、モノの片づけだけでなく生活スタイル・習慣、思考のクセといったものにもより目が向くようになりました。

いくつになっても愚行を反省することは出てくると思いますが、身軽になれる生活習慣や思考をこれからも学びつつ楽しみながら見つけていきます。

 

ということで、思考の見直しを含めた保険料の見直し(片づけ)についてでした。 

⇒ 自分に合った賢い保険選び。

 

 

広告を非表示にする