トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

飾ってあった絵を外してみたら、気持ちが軽くなった話。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150619224341j:plain

小物類の片づけをしつつ、以前から部屋になんとなく飾ったままの「絵(絵画)」を思いつきで外してみました。

 

結論から言うと、なんだか「とてもすっきりした。」、というのが正直な感想です。

 

・・・・・・・・

自分の中の違和感を無視してはいけない

その絵はだいぶ以前に実家からもらったものです。(確か同じ絵が2枚あり、そのうちの1枚をもらいました。大きさは50×40cmくらい。)

どんな経緯で同じ絵が2枚もあったかは不明ですが、いわゆる縁起物の絵画ということで、特に欲しかったわけではありませんが渡されたのでもらったというかんじです。。

 

当時から特別気に入ったり自分の趣味に合っていたものでもなかったのですが(すみません。。)、縁起物だし部屋に飾らなくては、という感じでそのままずっと持ち続けていました。

 

が、それから数年経ちこうして片づけを進めている今、ふとその絵が自分の部屋に漠然とあることが不思議に感じられたのです。

縁起物なので確かにきれいで神々しいかんじの絵ですが、当時から数年経った今でもやはり自分の趣味とは違うかなという気持ちは変わらなかったので、なんとなく思い立ってその絵を外してみました。

 

絵がなくなったその場所は殺風景にはなりましたが、なんだかとてもすっきりした気分になったのです。ずっと同じ場所にあったのに、翌日にはそこに絵を飾っていたことすら忘れていました。

 

もっと早くにときめきチェックができていれば、ずっと前に手放しているはずの絵だったんだなとこの時気づきました。

親からもらったもの、縁起物、というこのふたつのことが自分の中での縛りになっていたことも今ならわかります。)

 

・・・・・・・・

視界に入るものは意識しなくても自分に影響を与えている

たった絵一枚のことですが、このことをきっかけに、漠然(雑然)とモノがある状態を毎日見続けているというのは、思った以上に人の意識・心理に影響を与えているのかもしれない、ということをより強く思うようになりました。

 

そのくらい、この絵を外したことで気持ちが楽になり心理的圧迫感がなくなった気がしたからです。

 

(同時に、アートディレクターの佐藤可士和さんが言われていたことをふと思い出しました。

・デザインを考えるときに余計なものが周りに見えると知らないうちに影響されてしまう。

以前テレビの対談番組のような場でこのようなことを話されていた気がします。ゆえに、ショールーム並みに美しい余計なモノが一切表に出ていないオフィスでした。)

 

特殊な職業柄、視覚に対しより鋭敏な場合もあるけれど、そうした仕事に関係なくごく一般的な日常を暮らしている自分でも、日々目に映るものの影響力を考えてしまう出来事でした。

 

 数年の間うっすら違和感を覚えていた絵を無事手放し、気持ちが軽くなりました。毎日目にする場所が自分にとって心地よいものになるような片づけをしていきたいです。

 

広告を非表示にする