トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

片づけ祭り開始以来はじめて感じた「気持ちの消耗・疲労感」について考えてみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150521122756j:plain

片づけすぎて(あるいは片づけのことを考えすぎて)少し疲れているのかもしれませんが、気持ちの揺り戻し(?)ともまた違う、最近よくわからない気分的な疲労、消耗感がときどきやって来ます。(もちろん全く問題ない日もあり)

 

・・・・・・・・

1回目と2回目の片づけ祭りでは、感じることが違う

昨年初めて行った片づけ祭りは、3週間くらいでまさに祭りの高揚感と勢いのようなもので一気に片づけを終えました。その時には明らかに感じることのなかった種類の疲れです。体の疲れよりも、主に気持ちの消耗感です。(これまでも多少気分的疲れは出てもここまでヘビーではなかった。。) 

・第1回、片づけ祭り♪

 

今、半年と期間を決めてじっくり向き合っている2回目の片づけ祭りと比べると、やはり前回は粗削りだったと言わざるを得ないし、楽しさだけしか感じていなかった気がします。

 

トランク数個分くらいのコンパクト生活を妄想し、そんな暮らしをうっかり目指し始めてしまい、もちろん楽しみも大いにあるけれど、日々多くのモノを捨てていて、単なるすっきり感とは別の感情が表れているのを感じます。

 

自分で把握しきれていない部分もありますが、単純に想像すると、モノを捨てることへの申し訳なさや、長年自分がしてきた無駄な消費や時間に日々向き合い続けることのつらさのようなものが、意識下で蓄積されたまま(まだうまく消化し切れていない)なのかもしれません。それが、妙な気持ちの消耗・疲労感につながっているのではと。(もちろんきちんと感謝しつつモノを捨てていますが。)

 

片づけはここまで比較的に無理なく順調に進んでいて、モノが減っていくすっきり感も確かに味わっていたはずなのに。自分のことながら、人の気持ちとは難しく面倒なものです。。

 

・・・・・・・・

当たり前の買い物にも妙な疲れを感じることも

日常的にスーパーなどで食料品を買う時も、見慣れているはず数々の商品になぜかモノがありすぎてつらいというような気分になったり、ワゴンセールの品が目に入ると妙に気持ちがざわついたり。(いつもなら気になっていた商品がワゴンに入っていると試し買いしたりするのに)

 

「捨てること(出る)」と「買うこと(入る)」のバランスがうまく取れなくて、その両方から離れたい気分なのかなとそんなことも少し感じます。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

気持ちのバランスがうまく取れないときは無理して片づけない

片づけは、基本的にはひたすらすっきりして楽しいものだとここまで思ってきたので、このような気持ちに自分でもとまどっています。とはいえ、ここで片づけをストップするつもりもなく、やはり身軽になりたいのです。

 

ただ、自分の気持ちの変化を無視しないようにとは思います。体力的な疲れは睡眠でほぼ解決するけれど、気持ちの疲労回復には多少時間がかかるもの。今回のように、自分でも釈然としないときは、無理して捨てることをせず、少し時間を置いたり、できる範囲の整頓や掃除など、モノを捨てる以外の作業をしたり、どうしても必要なもの以外買い物も適度に控えてみようと思います。

 

気づいたらまた何事もなかったかのように、嬉々としてモノを捨てたくなっていたり、また気持ちの消耗感がやって来たり、(片づけ期間がある程度長いと)そんな感情も繰り返されるのかもしれません。

 

自分を使った実験のようですが、こういう気持ちの変化・動きが(快も不快も含めて)感情を味わうということなのだと思います。やはり「片づけ」は奥が深いです。バランスは大事

 

今後もなんとかうまくバランスを取りながら、自分にとって快適なコンパクト生活への入り口を探っていきます。