トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

極端にモノを減らしたい願望と現実の間で葛藤中。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150514233648j:plain

Tシャツ3枚、スカート3枚、靴下3足、、とか、バックパッカー並みに少ないモノで生活を回してみたい衝動にかられています、唐突に。

「 片づけ祭り中」は常に気持ちの変化があるので、今は↑こんなかんじみたいです。。

 

今まで1週間くらいの旅行の時でさえ、日数分以上の衣類をスーツケースに詰めていた私(今ならもう少し工夫できそう)。けれど、長期の旅に出るわけでもなく普通に生活しているのに、ここまでモノが減ったら楽だけど現実的ではないな、と考え冷静になりますが。

  

片づけ祭りを始めて以来、今までから比べたら本当にモノが順調に減っています。それでも、人間がひとり暮らすのに最小限とはいってもそれなりに色々なものが必要なんだなぁと、部屋を見回しながら改めて思うわけです。衣類、食料品、キッチン用品、風呂・洗面用品、掃除洗濯用品、書類、本、家電、etc。

 

どう考えてもスーツケースひとつには納まらない。。旅をするように暮らすとか美しいイメージのフレーズを見聞きしたことはあるけれど、それは物質的にも精神的にもものすごく高度なことなのではないかと急にそんなことを感じてしまいました。

 

どれほどモノを減らして身軽になれたとしても、やはり旅することと暮らすことは違う、、そんなことを思いちょっと切ない気分になりました。。なぜか。

 

「第2回目の片づけ祭り」を始めてから約1か月半。まだまだ途中ですが、「片づける」ことにまつわる気持ちや感じることの変化は、モノとじっくり向き合っているからこそだとも思います。(一気に仕上げた初の片づけ祭りの時には思いもしなかった感情に出あったりします。)

 

「片づけ」はモノが片づいていくだけではない、面白く奥が深い勉強や遊びのようなかんじがしてきました。

「ときめく片づけ」と「コンパクト願望」はうまく両立していくのか、9月(片づけ祭り期間は4月~9月の予定)が終わってみるまで自分でもよくわからなくなってきましたが、とにかくゴールを目指して片づけは続きます。

 

広告を非表示にする