トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「書類」と向き合っていると難しい顔になってくる。。


スポンサーリンク

今、第2回目の片づけ祭り最中で、今月は「書類」に取り組んでいますが、書類ってなんだか本当に楽しい要素が少ないです。全ての片づけの中で一番ときめかないカテゴリーかもしれません。。

 

ひとつひとつファイルから出して、仕分けをしているのでそれなりに時間がかかります。どんどん難しい顔になって、気づけば顔のパーツすべてが中央に寄っているような感覚に。

 

・・・・・・・・

今回の書類チェックは中身をさらに吟味

昨年、初めての片づけ祭りをした時も「書類」はそれなりに片づけたはず、、でもやはりざっくりしすぎだったと今さら反省しています。(個々のファイルや袋を細かくすべて開けてチェックしたわけではなかったので。)

 

できることならすべて捨てたいと思うような書類でも仕事等の都合で保管しておかなければならないものもあり、思ったように作業がはかどらないのが辛いところです。

 

f:id:tabi8:20170404163734j:plain

・・・・・・・・

書類の片づけは他モノよりちょっと慎重ぎみ

こんまりさんの基本では使用済み通帳も捨ててOKですが、個人的に過去通帳での確認事項も時々あるので、全て破棄とはいかないかんじです。

 

そして面倒な年金関連等の公的な書類。今は「ねんきん定期便」なるものが毎年届き、過去からの納付済一覧が確認できるので便利になったなと思います。

こうした年金、健康保険、税金等、公的制度も年を追うごとに変更されてゆくので、公的な書類ほど、自己責任というのをしっかり認識して捨てる・残すの判断をしようと少し気を引き締めました。

 

・・・・・・・・

紙モノの片づけは時間がかかる

「書類」は紙モノなので、個人情報部分は細かくしたり破いたりしなくてはいけない、、これが思いのほか手間のかかる作業。その進まなさ加減に、私の場合は無意識のうちに片づけ方が雑になってしまうようなので、焦らず向き合うことを心がけなくてはと思ったりします。

 

面倒な「書類」を見ても難しい顔になったりせず、ときめいたり自然と感謝したりできるような片づけ上級者になってみたいものです。