トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

第2回片づけ祭り : 5月の計画(書類・小物類)


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150429174510j:plain

早くも5月に突入。今月は、自分の中では難所と思っている「書類」「小物類」の片づけを行う予定です。

 

(世間はGWですが、今の私にとって片づけが趣味・レジャーと化しているところもあるので、この期間心置きなく片づけ祭りをしようと思います)

 

・・・・・・・・

5月は、書類・小物類

こんまりさんの手順では、時間がかかる「思い出品」の片づけが一番最後になっていますが、自分の中では、「書類・小物類」が最大の難関です。これらは量もあり、仕分けも「ときめきチェック」だけでは済まない必要事務的要素も大きいので。昨年の初の片づけ祭りでもある程度減りましたが、一番手ごわいと感じたので、今回はより残すものを絞れるよう時間をかけていきます。

 

衣類→本類→書類→小物類→思い出品、の順番で片付けていますが、自分の持ち物の中でも、書類・小物類が一番ボリュームがあり仕分けも大変そうなので、手を付ける前にちょっとひるんでいるところはあります。(衣類・本類はわりと順調だったけれど。)

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

なんとなく持っている小物類をどうにかする 

・(書類)= こんまりさんの本では「書類は全捨てが基本」でまったく問題なし、と書かれています。もちろん保険証券、保証書、契約書など保管するのが当然のものは別として、かなり大胆に色々な書類が捨ててしまってOKになっています。仕事や家庭環境などにより取っておかなければならない書類も個人差があると思うので、それを踏まえつつ、「書類は全捨てが基本」にどこまで迫れるか、しっかり吟味しようと思います。

 

・(小物類)= ひとことに小物類と言っても、本当に多くのカテゴリーがあるなぁと、こんまりさんの本を読んで改めて実感しています。なんとなくある小物、気づくと増えている小物、、家の中にあるかなりのモノがこれに属するのではと思うくらい

・CD,DVD類

・スキンケア用品

・メイク用品

・アクセサリー類

・貴重品類(印鑑、カード類等)

・機械類(デジカメ、コード類等)

・生活用具(文具、裁縫道具等)

・生活用品(薬類、洗剤、消耗品等)

・キッチン用品、食料品

・その他(趣味のモノ等)

 

これだけのカテゴリーを見ると、けっこう呆然とします。昨年の初の片づけ祭りのときは、勢いだけで片づけた気になっていたところもありますが、今改めて振り返ってみると、捨てたものも多くあるけれど、整理整頓である程度まとまったように見えるようになり満足してしまった、、という要素も大きかったと思います。

 

今回はぐっとモノを減らす・絞る、ということに重点を置いてときめくものを残していきたいと思います。キッチン用品などは特に料理が得意なわけでもないのに、なんとなく気になるグッズを見ると買いたくなってうっかりモノを増やしているカテゴリーでもあるので、ここはしっかり向き合いたいところです

 

自分にとって難所の「書類・小物類」の片づけは、もしかしたら梅雨明け頃までかかっているかもなんて思ったりしますが、今回は慌てず焦らずやっていきます。