トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

【即断・即捨て】、なかなか順調。


スポンサーリンク

こんまりさんの片づけ手順を主軸に、【即断・即捨て】を実践するようになって1週間が経ちました。

 

(即断・即捨てというのは、 『 「捨てる!」技術』 に書かれていた捨て方テクニックのうちの、「その場で捨てる」「使い切らなくても捨てる」の2点に絞って新たに実践し始めたものです。)

 

一番溜まりやすいカタログやDM類は、残したいもの以外さくっとその場で捨てるようになりました。(これらは、宛名等の個人情報の部分をはさみでカットしたりする手間が面倒で、ついあとでやろうと少し溜めがちだったものたち。)

 

その他にも、

・短くなってほぼ使っていなかった鉛筆やインクの出がいまいちなボールペン

・使わずに溜まっていた食品付属物(納豆のタレ、醤油、ガリ、カラシ等)

・使えるけどうっすらヒビが入ってきた食器

・よく見たらくったりしていた靴下、シャツ etc、、。

結構色々捨てることができました。

 

とにかく気づいたとき、そのモノの遭遇したときが捨てるチャンスなので、「あ、、。」と思った時に【即断・即捨て】を実行しました。その場ですぐ判断して捨てる、このすぐ行動というのがとても大事だと実感。

(特に意識していなければ、少しくたびれた靴下もあと何回か洗濯して履いてしまっていたと思うし、書けないボールペンもペン立てに入れたままで、DM類も宛名部分を切るのが面倒で机の隅にしばらく積まれていたはず。。)

 

ちょっと意識しただけでもこれだけのモノのが片づき、何も意識しなければ何も減らなかった、、。たった数日間のことだけれど、この差は大きい。 1回1回はたいした手間もないので、これが1ヵ月2ヵ月と毎日続いていけば、大きな労力も感じることなく部屋が片づいている状態が保てるようになるということ。

(大筋の片づけ祭りが終わっていたらと思うと、余計にこの即断・即捨て簡単行動の有効性に気づけます。)

 

f:id:tabi8:20170404155038j:plain

 

良い習慣はよい人生をつくる、とはよく聞くけれど、これが日々の当たり前の行動・習慣になれば本当に楽になれるし気分もよさそうです。

 

油断するとつい溜めてしまいそうなものは多いので、【即断・即捨て】は無意識のうちにやっている習慣くらいのレベルまで持っていきたいです。

『 「捨てる!」技術 』

 

こんな様子で、ワンアクションの片づけと主軸の片づけ祭りは続きます。