トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』を読んでみた。


スポンサーリンク

『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』

タイトルだけ見ると、どうしても数字が目立つので、ビジネスでお金を稼げる人の仕事ノウハウ本だと思ってしまいそうですが、この著書も「片づけ本」のひとつとして読みました。

 

モノではなく人間関係の片づけ・整理の本

著者の小玉歩さんという方が、ネットの世界ではかなり有名な方らしい、、というのを知ったのは昨年。。(相当遅いようですが)会社員時代にインターネットの副業(1億円)が会社にばれクビになり、起業して成功されているという経歴。

 

いわゆるネット・IT業界やその世界で活躍する人々のことをあまり知らず、どこかバブルの香りが漂う遠くの方のすごい人々の話と思っているところがあります。それなのにこの本を読んでみたいと思ったのは、

・(副題)自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい

・(もくじ)人生を奪う不要な人間関係を切る19のリスト

 この2点に興味を惹かれたからです。

 

f:id:tabi8:20150323004148j:plain

 

ひとつめは、普段から単純に「引き寄せ」系の本に興味があって読むので、この文字があるとつい気になります。 ふたつめは、不要な人間関係を切るというのは(なかなかダイレクトな表現。。)、凡人にはかなり高度な技術だと思っているので、少しでも自分の発想を変える面白い話が読めればと思ったのです。

 

 人生に劇的な効能をもたらすのは、モノではなく「人間関係の片づけ=整理術」

片づけに向き合っている今、モノと同じくらい人間関係の整理術というのもかなり重要だとわかってきました。

(年齢とともに、人づきあいに無自覚でいると知らないうちに時間を無くしているかもという感覚も。)

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

小さな時間の積み重ねで、膨大な時間を失っている

一番身につまされたのは、日々の小さな時間(ランチ、飲み会、頼まれごと等)の人づきあいが年間では膨大な時間とお金の浪費になっているということ。(数字で例を出されるとなかなかの喪失感が。。)そして、そのたいていが仕方なく付き合っている場合が多く、それがさらなるストレスを生むという悪循環。

 

人づきあいを整理できれば、これまでのお金と時間を趣味でも仕事の学びでも自己投資に充てることができ、おまけに好きな時間を持てるのでストレスも軽減できます。

 

・・・・・・・・

真似できそうなところは試してみる

この著者くらい、自分の本心に正直に行動すれば、確実に人間関係は整理され自分にとって快適な生活が送れるだろうなと思います。会社員時代から社長表彰されるくらい優秀で、実際に努力もし結果も残せる実力があるからこそ言える内容、というのもあると思いますが。

 

“・人生を奪う不要な人間関係を切る19のリスト”、

一般の会社勤めに限らず地域や様々なコミュニティなどある程度人が集まるところにかかわる場合、これらを実践するのは、かなり勇気や強い意志が必要なことが多い気はします。古い体質の職場環境等ならなおさら、、。

 

リストの中には今の自分にもできるハードルの低い項目もあるので、まずはそのあたりから。

・いい人になるな ・陰口はむしろ喜べ ・愛想笑いとヨイショはするな ・知り合いを増やすな、、とか 。

 ・メールの返信はしない、、は、今のところ真似できないので、せめて簡潔返信を心掛けます。(注:著者は送受信データを残す必要があるもの以外は電話で要件を伝えていたそう。)

 

モノも人づきあいもスリム化して、より自分が快適でいられる方向にシフトしていきたいもの。そして、気づいたら望むものを引き寄せていたらさらによいです。