トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

【即断・即捨て】できる片づけは、意識して日常の習慣にしていく。


スポンサーリンク

片づけ祭りの手順に従いつつ、ワンアクションで済むような即断・即捨ての片づけをもっと習慣化して、日常の中に溶け込ませたいと思い始めました。

f:id:tabi8:20170404155038j:plain

 

 現在、4月~9月までと期間を区切った片づけ祭りの最中です。

基本の片づけ手順は こんまりさんの『片づけの魔法』 に従っていますが(衣類→本類→書類→小物類→思い出品の順で、今月は衣類・本類を片づけ中)、先日読んだ 『 「捨てる!」技術 』 で書かれていたような、小さな工夫で、毎日捨てる回数を増やすことを意識すれば片づけも加速していくのではと思い、それを実践していこうと思っています。

 

本来は、片づけ祭りが完全に終わって、すっきりした状態からワンアクションで出来る捨て方を始めるのが混乱もなくベストだと思うのですが、主軸の片づけ手順に沿いながら、日々捨てるアクションも実践しつつ習慣化していけば、片づけ祭り終了予定の9月には、よい習慣が身についているはず(と期待 )です。

 

・・・・・・・・

ワンアクションは、実践できる捨て方に絞る

『「捨てる!」技術』の中で、捨て方のテクニック10か条がありますが、この中ですぐに始められて毎日でも実践できる2つに絞ることにします。

・その場で捨てる

・使い切らなくても捨てる

DM、カタログ類、何かのおまけや景品、食品付属物(醤油やカラシ類、割り箸・スプーン等)、包装紙・空き箱、出の悪くなったペン類、欠けたりヒビの入った食器類、、、他、日々周りにあり放っておくといつの間にか増えるもの。 これらは、遭遇した時がチャンスなので、上記2つの捨て方をその場で実践していくクセ(習慣)をつけていきたいと思います。

 

捨て方テクニック10か条の中には、「一定量を超えたら捨てる」、「一定期間を過ぎたら捨てる」、というのもありますが、これだと私の場合は今までとあまり大差がないかも、、と思い、一定量・一定期間溜まるのを待つことなく、その場ですぐ判断・すぐ捨てることができるものに関しては、【即断・即捨て】のワンアクションをとっていこうと思います。(つい面倒で後回しになりがちなので、顔を洗う・歯を磨くなどと同じように、当たり前の行動のひとつになればと。)

ちなみに、10か条の中にあった、「見ないで捨てる」は、まだ真似できそうにありません。。

 

ということで、まずは試してやりにくかったりうまくいかなければまた改善予定。今後は「じっくり向き合うときめきチェック」と、「即断・即捨て」が混ざってきますが、気持ちや行動が雑にならないように、モノへの感謝を忘れずに引き続き片づけを進めていこうと思います。

 

広告を非表示にする