トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「黒いもの」を減らす、を試みる。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150405141222j:plain

自分の生活周りから、「黒いもの」を減らしてみよう、と急に思い立ちました。

 

・・・・・・・・ 

黒い家電はあまり持たない

先日、用があって家電量販店に行った時のこと。用が済んだあと、なんとなく店内を見回っていて思うことがありました、やはり家電類って黒いものが多いなということです。もちろんキッチン家電などカラフルなものも出てきているけれど、テレビ・パソコン・プリンターなど比較的専有面積も大きく目立つ家電は、まだまだ黒っぽいものが主流だなと。

 

部屋の中に黒いものが多いと、存在感や圧迫感が大きくなるので、棚等の家具類はじめ、家電も選択肢があるならできるだけ白っぽいもの・ベージュ・グレー・シルバー系を選ぶようにしてきました。

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

黒い持ち物が多かった。。。

それなのに、、衣類・バッグ・靴・傘、等々、黒いものが多い! 家電は気にするくせに自分が身につける黒いものには無頓着だった。。と今さら気づいたのです。これまで何度も衣類の片づけや整理もしてきたのに。4月に入り、第2回目の片づけ祭りをスタートし、衣類を見直していて気づきました。普段からモノトーンやアースカラーのような地味な色合いの持ち物が多いですが、便利さもあってか同じような黒いシャツ、黒いニットが数枚、黒いコート、黒いバッグと、自分が思った以上に黒い持ち物が多い。。むむ・・。(モノ減らしをしてきた過程で、黒いものが結構な割合で生き残ってきたということでもある)

 

そこで改めて気づいたのは、以前はこれでよかったのかもしれないけれど、今の私はこの黒い持ち物全てにときめいているわけではない、ということでした。

 

原色の強すぎるものは持っていませんが(身につけているとなんとなく気持ちが疲れやすくなるので)、もうちょっとやわらかめ明るめの色柄は少し取り入れていこうと思いました。色にも重い軽いがあるので、心身ともに身軽になりたい今は、より軽くなれる色合いに惹かれつつあるようです。

 

黒い持ち物を減らしていく

ということで、今後は、「黒いもの」をはじめ、モノトーンやダークな色のものと惰性でなくよりきちんと向き合い、黒いもの系の所有率を下げていきたいと思います。

 

(モノと向き合う、これを以前より時間をかけてやることが大事かも。勢いで一気に行った昨年の片づけ祭りと今回とで、途中でまたどんな違いや変化に気づけるのか楽しみつつ進めていきます。)