トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「迷ったら買わない」 を基本にすると、生活はすっきりしてくる。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150403153214j:plain

「迷ったら買わない」を基本にすることで、日々の生活は少しずつ変化し、数年後には大きな変化になっている、と思っています。

 

迷ったら買う・買わない、どちらがよいか否かということではなく(人それぞれ性格もタイプも違うので)、自分なりの基準をあらかじめ決めておくと、精神的な負担と決断までにかかる余計な時間をなくせる、ということです。

 

何か買う時に「迷う」「悩む」ということは、(その度合いに個人差はあっても)日常的に誰にでもよくあることだと思います。

 

・・・・・・・・

何を基準にするか決めておく

①「迷ったら買う」場合 ⇒買えばよいのですぐに解決。

②基準がない場合 ⇒買うか買わないか、だいぶ悩んでからいずれかに決める。

③「迷ったら買わない」場合 ⇒買わなければよいのですぐに解決。 

 

複雑に考えるともっと色々あると思いますが、単純に考えるとこんなかんじ。今の私は、片づけてモノを減らすことを目指しているので、当然③を選択しています。(以前①を実践していた頃は、数日後に何でこれを買ったのだ・・と思うことが多く、①の選択肢は自分には向いていなかったようです。。)

 

①を選択する方が後悔が少ないタイプの人は①を基準にすると楽だと思いますし、迷ったり悩んだり、その決めるまでの過程も好きで楽しめる場合は②もよいと思います。(但し買うことで当然モノは増えていくので、片づけたい人は別の何かを減らす必要はあると思います。)

 


スポンサーリンク
 

・・・・・・・・

物質的にも精神的にも片づいていると楽

目に見えるもの見えないもの全てが片づかず混沌としていると、迷う悩むということにひどく時間を取られる。。それは結構辛いことだと思います。

 

結果的に自分なりの判断基準を持っていると、精神的なストレスもかかりにくくすっきりして楽になれるのでは。

 

買う買わないだけでなく、何か物事を実行するしない、行く行かない、食べる食べない、、等々。仕事でもプライベートでも毎日大なり小なり様々な選択をして生活しているけれど。「迷ったら買わない」のように、何かしら自分なりの決め事を作っておくと日々便利で快適に過ごせるし、それを実行し続けることで、時間が経過したときそれなりに大きなよい変化に繋がっているはず、と思います。