トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

手放したもの(捨てたもの): 2月~3月


スポンサーリンク

今年に入ってから手放したもの(捨てたもの)をまとめてみます。

 

期限を半年間と区切った「第2回片づけ祭り」は、4月から本腰を入れることにしましたが、その前の2~3月もなんとなく片づけていました。(1月は特に片づけらしいことはせず。。)

で、この2月~3月で手放したもの(捨てたもの)を思い出しながらざっくりまとめてみたいと思います。

 

 ◆

・本、CD(約60点)

・雑誌類(約100冊)

・衣類、雑貨、小物類(45Lゴミ袋約4袋分)

・靴(3足)

・バッグ(2つ)

・ジュエリーボックス(1)

・本棚(1)

 

f:id:tabi8:20150316172805j:plain

 

一部の本・雑誌、靴、本棚以外は、宅配買取サービスや近隣の買取店・リサイクルショップに出したりして買取してもらい、よいかんじで手放すことができました。(買取総額は¥5000程。すべてのものの購入時価格等は考えないことにして 、本来はただ捨てるはずのものがお金になるのは、不思議な気分になりつつもありがたいことです。)

 

2ヵ月間でざっくりとこのくらいのものが自分の場所からなくなりました。この間、本類の片づけで初めて「 宅配買取サービス 」を利用してみて、思いのほか便利だったことがうれしい収穫。楽してモノを手放せる方法が他にも見つかれば、これからも色々試し利用していきたいです。

 

クローゼットがすかすかになって、収納棚・ケースがどんどんなくなってすっきり、、、したところを妄想しつつ、4月は初心に返り、さらに片づけを進めます。