トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

「片づけ」を進めると、「ミニマム」願望が出てくる。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150322013542j:plain

片づけ関連のことを調べていて、「ミニマリスト」というカテゴリーを知ったのは数か月前の昨年。。

  

片づけをしてシンプル生活を実践していこうとすると、自然とミニマム(最小限)という願望が出てくるのかも。私自身がまさにそうです。

(度合いの違いこそあっても、モノを捨てる・減らす・小さくすることで、心身ともに身軽生活を試みている人は一定数いるようで、なんだかうれしかったのを覚えています。自分の周りにそういう人たちがいないせいか、極端に捨てたくなっている自分てどうなんだろう、、と思うこともあったので)

 

・・・・・・・・

気持ちと行動が一致していないと苦しい

自己流の片づけをしていた頃は、片づける一方でさらに何かを買いモノの全体量が減ることもなく、どこか漠然とした息苦しさを感じていました。

 

片づけ祭りをした今なら、モノに縛られていく感覚に対する息苦しさだったとわかりますが、 その頃は、欲しいものを買っていてもどこか釈然としないことがうまく理解できずにいたのです。

 

本当はもうそれほど欲しいと思っていないものを、自分の思い込みや周りの影響でまた増やしている。気持ちと行動が拮抗していると物事はうまく流れていかない、まさにそんな状態でした。

 

・・・・・・・・ 

なくてもいい、ミニマム志向。

こんまりさんの片づけの魔法 で人生初の片づけ祭りをし、それ以前より気持ちと行動が一致しはじめた感覚があります。すると、もっとモノを減らせないか、これも別になくていいかも、と思うことが格段に増えました。

 

同時に、いつでもどこにでも身軽に移動して生活できるようになりたい、と頻繁に思うように。スーツケース1個分に自分の全ての荷物が収まればいいのに、と。(無理ならせめて5個分・・などと妄想)

 

片づけに対する意識が薄かった頃は、自分の望む変化が何なのか思考する力すら弱まっていたことも。。今は以前より望むものがわかりやすく見えはじめています。モノと居場所に左右されない生活をすること。自由を感じられる心の状態になること。

 

そのためには、仕事、生活スタイル、人間関係等、様々な現実的要素を今後どう変えていくのか明確にしないと動けませんが。。さらに細かくはっきりイメージできるようになるともっとそこに近づいていけるはず。人に振り回されず、かつ迷惑もかけない程度に、自分らしい片づけを進めて、身軽でミニマムな暮らし方に近づけたらと。妄想を現実に、をテーマに片づけは続きます。

 

広告を非表示にする