トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

掃除洗剤も減らせる♪ 基本は「3種類」に絞ってみた。: 実践&まとめ


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150319121646j:plain

昨日の、・掃除洗剤も減らせる♪基本は「3種類」に絞ってみた。:きっかけ の続きです。

 

重曹」「クエン酸」を使った掃除について調べ、実践してみました。 

 

・・・・・・・・

実践

調べてみると、重曹クエン酸をそれぞれ使い分けたり、合わせて使ったりと、たったこれだけでかなりの掃除ができてしまうことを知りました。(※使用方法を誤ると危険な場合もあるので、正しい安全な使い方や詳細は、 本など で確認が必要。)

 

【基本事項】《中和して汚れを落とす》

 

重曹 ⇒ 重曹は(弱アルカリ性)なので、酸性の汚れを落とせる。= 油汚れや手垢を落とせる。研磨作用や消臭作用もあり。(黒く変色するのでアルミには使えない。)

 

クエン酸 ⇒ クエン酸は(弱酸性)なので、アルカリ性の汚れを落とせる。= 水道水の中のカルシウムが固まった水垢、湯垢、石鹸垢、トイレの尿石などを落とせる。除菌効果あり。(錆の原因や溶かしたりすることがあるので、鉄・大理石には使えない。)

 

重曹+クエン酸 ⇒ 混ぜると発泡作用があり、こちらも掃除に使える。 

 

(・無添加石鹸(固形) ⇒ これで雑巾などささっと洗える。別途、キッチン用として食器洗いにも活躍。 )

 

これらを駆使し、そのままで、水で薄めてスプレーにして、ペースト状にして、浸け置きに、、など様々な使い方で、キッチン周り、冷蔵庫、洗面所、風呂場、トイレ、洗濯機、、とあらゆるところの掃除を網羅。

 

クエン酸を切らしたときは、酢でも代用できます。)実際に、重曹+酢にお湯を少し回しかけて発泡させ、排水口の掃除をしました。

 

・・・・・・・・

注意点

重曹クエン酸などは他の洗剤と混ぜると危険な場合もあるので、本やパックに書かれた説明書きを読んで安全に使用することが重要です。

 

・(これは個人的な失敗ですが)風呂場や洗面所等、湿気が多くカビが出やすいところは特に、日々まめな掃除が必要です。→ 私がうっかり見逃していた風呂場のゴムパッキンや目地の一部にカビが出ていて、すでに重曹クエン酸では落ちない状態になり、仕方なくカビ取りスプレーを買い退治するはめに。。こんなことにならないよう、やはり掃除はきちんとまめにと反省しました。

 

・・・・・・・・

感想とまとめ

これまで使っていた洗剤特有の臭いもないので、部屋はきれいになるし、自分も気分がいいしと、今までにない新鮮でエコな掃除を実践することができました。(ときどき気分を変えて重曹にアロマオイルを1、2滴加えたりすると、爽やか気分倍増)

重曹クエン酸を使った掃除は、実験みたいで面白く、いちいち感心したり楽しいです。鍋の焦げがぺろ~んと取れたり、洗濯機の中の汚れがどどーんと出てきたときは、妙な感慨が。

 

今は、ナチュラル洗剤人口が増えてきたおかげか、掃除用の重曹クエン酸もスーパーやホームセンター、100円ショップなどで手軽に買え、大容量お得パックもインターネットで購入できます。(ありがたい。)

 

重曹クエン酸、(+無添加石鹸)、たったこれだけで気分よくナチュラルでエコな掃除ができてしまうと知るまで、ずいぶんたくさんの洗剤にまみれた長い道のりでした。。まめに掃除をして、今後も余計な洗剤を増やさない生活を継続したいです。