トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

家電も減らせる、「電子レンジ」と「炊飯器」をなくしてみた。


スポンサーリンク

f:id:tabi8:20150317010407j:plain

だいぶ前ですが、「電子レンジ」と「炊飯器」をやめたときのことを振り返ってみます。

 

以前、料理研究家やスタイリストといった職業の方々の本を集中して読んでいた時期がありました。で、その中で気づいたこと。

 

多くの道具は兼用できる、ということ。

 

職業柄、数えきれないほどたくさんの道具類やその良さを熟知しているであろう方々が、「電子レンジ」はなくていい、とか、「炊飯器」はなくして土鍋にしているとか語り、なおかつ、とても楽しそうに生活されている。ちょっとした不便さや手間をかけることも暮らしのスパイス、といったかんじです。

 

(様々な本でそういう考え方や生活スタイルがあると知るまで、私の中にこの二つの家電(電子レジ、炊飯器)をなくす、という発想は、まったくありませんでした。。)

  

そのシンプルで清々しい暮らしぶりに、あっという間に感化され、引越しを機に、さっそく真似して実行してみることに。

 

 ・・・・・・・・

 ●オーブンレンジ ⇒ オーブンへ

電子レンジが付いてない、オーブン機能だけあるものを買う。

残りごはんがすぐ温められない、、。これはちょっと不便に感じたが、残らないように工夫したり、食べきれず冷凍ストックしたごはんは、雑炊やチャーハンにしたり。なによりオーブン料理をより楽しむべく、野菜のグリルやパン・菓子作りなどさらに色々試すように。

 

●炊飯器 ⇒ 土鍋のさらに代わりのココットへ

土鍋も選ぶのが大変、、と思っていたところ、以前から使っていたお気に入りの蓋付ココットでごはんを炊くことを思いつく。(2合炊けるのでなんとかなる) 最初はちょっと焦がすこともあったが、何度も試すうちに問題なく炊けるように。

 

◎実践した感想

実験のような気持ちでわくわくしつつ試してみて、レンジなしのオーブンだけでも、蓋付ココットでお米を炊くことも、とまどったのは最初だけ。慣れてしまえば結果的に大きな不便さを感じることもなくなりました。(※家族が多い、とにかく時短優先、といった場合はこれらの家電がないのは厳しそうです。。)

 

シンプル生活の第一歩は思いのほか新鮮な気分になれて、多少の不便さや手間も楽しめたり。無理なく「電子レンジ」と「炊飯器」を手放せました。

 

こうやって兼用できる道具や物事は、自分が気づかないところにまだまだありそう。 こういう積み重ねで、今後さらに身軽な暮らし方に近づいていきたいです。