トランクひとつで暮らす(準備編)

片づけ・断捨離をはじめて、身軽でコンパクトな生活へ。の準備記録。

片づけ・片づけ祭り

こんまりさんの本を、電子書籍に切り替えてみた。

本が好きなので、いつでも読みたいものが手元にあるのが理想です。けれど、片づけを進めコンパクトで身軽な暮らしを目指している今、本のペーパーレス化を徐々にしていこうと思っています。

第2回片づけ祭り : 9月の計画(収納・整理整頓)

ずいぶん長い道のりだと思っていた「片づけ祭り期間(4~9月)」も、残り最後の1ヵ月となりました。残すものを選ぶ作業、捨てることを終わらせ、先月から少しずつ収納・整理整頓に入っています。

思い込みや心理的抵抗が減ると、モノも減らしやすくなってくる。

昨日、「手帳、名刺、年賀状、カード類」を残すざっくりした基準を書きましたが、これらもいきなり全部捨てられたわけではなく、段階を追って少しずつ減らせるようになっていきました。 ・「手帳、名刺、年賀状、カード類」、自分なりの残し方ルールを決める…

「手帳、名刺、年賀状、カード類」、自分なりの残し方ルールを決める。

「手帳、名刺、年賀状、カード類」は、溜まりやすくかつ片づけにくいモノたちかもしれません。場合によっては書類・小物類・思い出品とすべてのカテゴリーに当てはまってくるモノともいえます。

収納棚・ケースを極力なくす試み。(=「粗大ごみ」を出さないようにする工夫。)

少し前のこと、久しぶりに地域のごみ焼却場まで行ってきました。利用するのは今回で2回目。以前行った時から随分時間が経った気がします。

『コジマジックの片づけスイッチ!』を読んでみた。

収納王子コジマジックさん、テレビで少しお見かけしたことはありますが、あまり詳しくは知りませんでした。本を出されていたので読んでみることに。

「宅配買取サービス」を利用する際の自分なりの基準。

昨日、宅配買取サービスで初めて「古着」を買取してもらったことを書きましたが、その時の経緯や、その他の宅配買取サービスを利用する際に自分なりに基準としていることなどを引き続き書いてみます。

「宅配買取サービス」で、ノンブランドの古着買取を試してみた。

今回、「宅配買取サービス」を利用して初めて「古着」を買取してもらったので、そのことについて書きます。

「思い出品」の片づけは終わっていなかった、、。実家で発掘された大量アルバムにうなだれる。

「思い出品」の片づけはあっさり済んでよかったなぁ、と思っていたのはぬか喜びでした。先日実家から大量の写真・アルバムが出てきてしまい、かなりがっくりと肩を落としました。

「デジタル遺品」の片づけについて考えてみた。

随分遅いのかもしれませんが、「デジタル遺品」という言葉を2ヵ月程前に初めて知りました。お盆も近いと、原爆の日や終戦記念日など死にまつわる様々なことについて思いを馳せる時期でもあり、デジタル遺品について自分なりに色々考えてみました。

机まわりのモノをすべてなくしてみた。

机のまわりからすべてのモノを取り去ったら、視界が開けました。こんなことで、自分でも意外なほどすっきりしてとても快適です。

キッチンの三角コーナーと食器用水切りカゴをなくしてみた。

キッチンにある「三角コーナー」と「食器用水切りカゴ」、先月ついに手放したのでそのことについて振り返ってみます。 以前からこれらがあまり好みのアイテムではなく、これまでも実験的にやめてみたり使ったりということを何度も繰り返してきました。

第2回片づけ祭り :8月の計画(衣類→思い出品を通しで再チェック)

猛暑の中での「片づけ祭り」は、まさに気力と体力の勝負。この暑さで脳が溶けるかと思うほど(疲)頭が回らず途方に暮れる時もありますが、なんとかこの8月を乗り切っていきたいと思います。

「思い出品」の片づけは、予想外にあっさりと済んだ話。

今月(7月)の片づけ予定は「小物類」「思い出品」でしたが、思い出品の片づけが思いのほかあっさり終了し拍子抜けしています。

古いものに昔ほど執着がなくなってきたこと。

昨年くらいから徐々に意識するようになったことがあります。それは、片づけにきちんと向き合うようになってから、自分の好みや興味の対象が変化してきている、ということ。

「15秒で判断」を意識して、行動・思考のクセを変えていく。

以前読んだ片づけの本 の中に書かれていた、「15秒で判断する」というのを、最近片づけ以外のところでも適用しています。

貴重品の保管方法を考え直してみた。

「貴重品」、読んで字のごとく大事な物のこと。自分の貴重品の保管の仕方について、今まで一度もすっきりしたことがないので改めて考え直してみることにしました。

床置きを止めるだけでも、部屋は片づくし意識も変わる。

気づくとうっかりやってしまっていることのひとつに、「モノを床置きする」というのがあります。

贅肉の片づけ。食生活を見直してみた。

なんだかいつにも増して体がぷよぷよしている感じがする、、と思い、自分のおなかの肉をつまみつつ最近の食生活を考えてみました。

片づけのリバウンドについて考えてみた。

「片づけ本」をあれこれ読んでみると、著者は違ってもわりと共通して書かれていることがあります。

手持ちの衣類を数えてみた。

以前読んだ 整理収納に関する本 の中で、著者の手持ちのワードローブを掲載していていました。

自分なりの「片づけ本」の読み方はこんなかんじ。

興味を持ったり気になった片づけ関連の本は、機会があるたびに楽しく読んでいます。どんなに素晴らしいことが書かれていても、そのたくさんの情報を頭の中に全て留めておきたいと思っても、人それぞれ記憶できる容量にも内容にも限りがあります。

「しまい込まれたもの=大事にされているもの」、とは限らないと自覚する。

以前、実家の衣類の片づけを手伝った際に思ったことなどを書いてみます。

自分の中の違和感を大事にすると、片づけの判断基準も明確になってくる。

直感や違和感を無視して、人間らしく理性で物事を考えたり決めたり解決しようとしている自分に気づくとき、無理してるなと思ったりします。

収納グッズは基本買わないことにしてみる(当分)。今はひたすら減らすのみ。

片づけを進めてモノが減りはじめると、空いて不要になった収納用品がごろごろと出てきます。

『たった「1カ所の片づけ」で“いいこと”が次々起こる!』を読んでみた。

本当に色々な「片づけ本」があるなと思います。 現在はこんまりさんの 『人生がときめく片づけの魔法』 を自分の片づけの基準にしていますが、それとは別に様々な著者の片づけに対する考え方に興味があるので、気になった片づけ関連の本を見つけては手に取っ…

第2回片づけ祭り :7月の計画(小物類・思い出品)

4月~9月までと期間を決めた「片づけ祭り」も後半戦に入ります。

時々自分を片づけたいと思う話。

思考の堂々巡りが始まってしまったりすると、自分にうんざりして自分のことも片づけたい気分になることが多々あります。

アドレス帳の片づけ。携帯電話のアドレス帳を見直してみた。

携帯電話のアドレス帳を整頓したら、思いのほか気分がすっきりしました。こんな簡単なことで気持ちが軽くなるなら、もっと早くに整頓しておけばよかったと思ったくらいです。

『片付けたくなる部屋づくり』を読んでみた。

シンプルな装丁とタイトルに惹かれて読んだ本です。著者の本多さおりさんは整理収納コンサルタントとのことでさらに興味を持ったので。 『片付けたくなる部屋づくり』